指揮 松井 慶太


メンデルスゾーン
ヴァイオリン協奏曲ホ短調
 ヴァイオリン独奏
小林 美樹
 ソプラノ Ⅰ
加藤 かおり
 ソプラノ Ⅱ
上村 智恵
 テノール
松原 友
 
 
メンデルスゾーン(1809~1847)はベルリンで合唱団の運営に関わり、
バッハのマタイ受難曲を復活上演して、ライプツィヒでは音楽学校を
設立するなど、有能な音楽プロデューサーでもありました。
交響曲第2番「讃歌」は合唱曲と交響曲を融合する意欲作。
アマチュア合唱とプロ・オーケストラの両方を知り尽くしたメンデルスゾーン
による、ベートーヴェンの「第九」を彷彿とさせる大曲です。
新進気鋭の小林美樹がヴァイオリン協奏曲を弾くのも注目。
ドイツの市民音楽文化の真髄を体験する演奏会になりそうです。 
音楽評論家/白石 知雄 
 
合唱/高槻市民合唱団   管弦楽/大阪交響楽団 
合唱指導/西尾 岳史   練習ピアノ/村崎 愛 

一般 1階席 3,500円 2階席 2,500円
高槻文化友の会 1階席 3,150円 2階席 2,250円
 小中学生 1,000円
チケット発売日
 高槻文化友の会  4/8(水)10:00~(窓口・web) / 14:00~(電話)
 ネット会員  4/9(木)10:00~(webのみ)
 一   般  4/10(金)10:00~(窓口・web) / 14:00~(電話)

チケット販売所
 高槻現代劇場  072-671-9999(10:00~17:00)
※未就学児の入場はご遠慮ください
※チケット完売の場合、当日券は販売しません
※団体割引(一般10枚以上)については、高槻現代劇場まで。
 主 催
   (公財)高槻市文化振興事業団
   高槻市コンサート協会
 お問い合わせ
   高槻現代劇場
    〒569-0077 高槻市野見町2-33 072-671-9999





お問い合わせはこちらまで
高槻市コンサート協会



Copyright (C) 2004 by 高槻市コンサート協会 All rights reserved